HOME 会社概要 FAQ お問い合わせ
ネット会員ログイン
テレフォンサービスログイン
ネット会員 テレフォンサービス 携帯メール会員 無料メールマガジン登録
兜町生情報
無料銘柄相談
緊急速報
ネット会員
テレフォンサービス
携帯メール会員
FAQ
お問い合わせ
会社概要

株式投資ランキング

ウィン情報時代から、投資顧問21年(株式会社ウィン情報は平成19年9月から)の実績のある老舗会社です
独自分析からの有望銘柄・短期急騰デイトレ銘柄・材料銘柄が満載!!
無料銘柄相談&お問い合わせは
TEL:06−7650−7556
当サイトのプロのアドバイザーがお答えします!!(^▽^)/
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


    ☆★☆〜 情報で勝つならこれしかない!!
          ウィンチャンネル会員HPに今すぐ入会を
 〜☆★☆

 

投資の王道はといえば、やはり長期投資であろうことはいまさら指摘することでもありませんが、あえて短期運用の手法を取り入れた軍資金作りの案内役になれれば幸いかと思っています。
またたくさんある運用先を日経平均先物225に絞ったのも、リスク面、運用時間、指数売買という明確さを捉えたものであります。

相場の流れは、上昇相場 レンジ相場 下降相場の3つに分類できます。これをどのように捉えることが出来るかが重要となってくるんですが、一般投資家においては上昇相場で株長者が出やすいのは周知の事実であり、下降相場においてはヘッジファンドが大いに活躍する場面でありましょう。
それでは比較的往来相場であるレンジ相場においてはというと、短期売買のデイトレ向きタイミングということができ、比較的取りやすい相場環境であるのも確かであります。
しかしながら突如強い上昇相場や下降相場になった場合には、逆張りで大きな損失を招いてしまうという危うさを持っていることが大きな課題といえようかと思われます。

つまりはいかに速やかにそれに対処し、しいてはその流れに乗ることができるかが、大きな資産を築く重要な分岐点であります。
小さな利益を積み重ねたとたんに大きくやられた!大体はこのパターンで運用に失敗するケースが多いのです。「損小利大」でなければ資産は増えないんです。

なおその対処法は非常に単純明快に行われなければなりません。


トレードの基本原則
 ・半年から1年程度続けられるルールを作り上げること
 ・検証から得られたテクニカルルールを厳守し続けること
 ・資金管理を徹底させること

守るべきルール
 ・前場 後場 ナイトのポジション取りを心がける(基本持ち越しは厳禁)
 ・自己都合によるトレードは厳禁 
 ・自分の投資スタンスは守り続けなければならないが、トレードにおけるマニュアルはないことを認識する
 ・常に流れに素直に従う柔軟な対応が必要
 ・ポジションを取った時点で勝敗は決定されている
 ・意味のない(無作為な)損失は出さない
 ・迷ったときは即時撤退
 ・ロスカットの設定の癖付けをする
 ・損小利大のテクニカルルールを獲得する
 ・相場は上昇相場 レンジ相場 下降相場の3つのパターンで動いている

運用をスタートする時にもっとも気をつけなければならないこととして、いきなり負けトレードを連続して出してしまい運用資金を半分まで減らしてしまうことや、大きな勝ちトレードが続いたのでポジションをいきなり倍に増やしたとたん負けが続いてしまい、結局運用資金がほとんどなくなってしまった。などはよくある経験則で語られることが多いものであります。。
トレードとは自分との精神勝負そのものであり、いかに自分のルールそのものを守り通すことができるかにかかっているといってもよく、このことが出来ればプロアマ問わず莫大な資産を形成できるものと思っています。。
証券マン時代に顧客の資産を着実に増やしてきた実績があったプロが、引退しいざ自分の運用を開始した途端散々な結果で意気消沈、なんて言うのはまさに目先の欲の亡者に成り果ててしまい、そもそものルールを無視したことによる冷静な判断力の欠如そのものであります。


実践編
トレードには、短期投資 中期投資 長期投資があるが、ここでは短期投資の中でも日経225先物のデイトレードについて検証しておく。なお転換局面での翌日のはっきりした上昇(反落)入りの場合は持ち越しをすべきことは言うまでもありません。

重要な3つのポイント
●5分足と15分足チャートの重要性
●各種移動平均線の組み合わせ
●トレードする時間帯の重要性
ずばり!225先物ではこの3つのポイントを抑えることが、今後の資産を増やす大きな分岐点になってきます。

ヒストリカルデータで金融市場の未来を予測できるほどトレードは甘くはない!
ましてや、人間の欲望や傲慢さはすぐにでも呼び出そうと思えば簡単に湧き上がってくる。
トレードにおけるマニュアルはないことを肝に銘じながら、相場の世界を半歩引いて敬意を払うことが必要である。
優秀なトレーダーになるほど、絶対に養っているものがあるそうですが、それは最も当てにならない“相場観”だそうであります。常に今現在の相場動向を監視し、どの方向に向かっているのかを見極める必要があります。

 100人いれば100通りの運用スタイルがあっていいのですが、このトレ
ードにおいては上記3つのポイントをいかに抑えることができるかが全てです。
勝ち戦のみに徹し、わからないような負け戦は絶対にしない。
トレードに聖戦は必要ないんです。
指数売買の短期トレードにおいては、不確定な局面でのトレードが大きな失敗を招く要因。現在起こっている事実のみが真実であることを再認識できなければ撤退するしかないのです。

「自分の決めたトレード手法を厳守し、継続してリスク管理を徹底させることができるか」
これが資産運用における全てであります。
そのトレード手法は会員限定にて
まずは担当者までお問い合わせください 090-4304-5410

☆★☆〜今ならお試し会員2週間で5,000円〜☆★☆
2週間 (14日) 5,000円(消費税込) 1日あたり357円
1ヶ月 (31日) 10,000円(消費税込) 1日あたり322円
3ヶ月 (93日) 28,000円(消費税込) 1日あたり301円
6ヶ月(186日) 50,000円(消費税込) 1日あたり268円
1銘柄限定会員   11,500円(消費税込))
売り買い指導〜☆!
成功報酬会員も随時募集中!詳細はこちらをご覧下さい。

    
会員サイトの直近注目株 


 
*当HP掲載内容は、皆様の投資判断の参考となりうる情報提供を目的としたもので、
お客様の利益を保証するものではありません。株取引は価格変動リスクを伴い、場合によっては投資元本を割り込み、その全額を失うおそれがあります。投資にあたっての最終判断はご自身のご判断でお願い致します。
なお、事前の予告なしに掲載内容が修正または削除される場合がありますことをあらかじめご了承ください。内容についても信頼できると考えられる情報、発表事項に基づいて作成しておりますが、当HPの掲載内容により発生した損失についても一切の責任は負うことができません。
■ここでは「兜町生情報」の最新の情報を随時更新しております。
■過去の情報につきましては、左メニューの「兜町生情報」よりご覧下さい。
■ ●674
2016年08月26日(金)20時51分更新

先日から推奨していた円高恩恵銘柄。

IRが出ていますね。


■ amさん注目銘柄
2016年08月26日(金)17時53分更新

3●31ラ●●●
663●ソ●
23●8ウ●●●●
詳しい話は会員サイトにて。


■ ファミリーマート引けの出来高788万株
2016年08月26日(金)15時03分更新

売り場か買い場か、お尋ね下さい

■ 9919関西スーパーS高
2016年08月26日(金)14時57分更新

何かあったのでしょうか?

詳しくは大阪に本拠地を置く当社にお問い合わせ下さい。


■ 8783GFA
2016年08月26日(金)14時52分更新

強い動きですね。
私どもの一貫推奨銘柄。

面白い話が入っています。
詳しくはお電話下さい。


■ ●4●●
2016年08月26日(金)14時01分更新

バイオの大化け株。
面白い話が入っております。

お試ししたい方はお電話下さい。


■ 2193クックパッド
2016年08月26日(金)10時08分更新

下落が続いてますね。
是非ご相談下さい。


■ 良い押しですね
2016年08月26日(金)09時30分更新

特に買い場となっている銘柄があります
詳しくは当社にお問い合わせください


■ 空売りを推奨してたファミリーマート
2016年08月26日(金)09時29分更新

本日悪材料出ましたね。

■ ●1●1
2016年08月26日(金)08時40分更新

大口介入情報。
ラ●スファンドとの噂も。
最近大きく動意付いており、本日も注視していきます。


■ いよいよ今晩のイベント待ちに
2016年08月26日(金)07時27分更新

連日で一時的な上値取りがあるものの、やはり16600円を超える場面ではすかさず売り物に押される展開が続いております。しかしながら下値の硬直は日増しに高まっている様子で、16500円を割っての売り仕掛けは確認されていません。ここ6日間ほどの小さなもみ合いはどちらに放れてもおかしくはないのですが、7/21高値を起点とした三角保ち合いと見るならば、まだ煮詰まった状況とは言えず、米利上げに関して材料不足となれば、再動意にはもうしばらく時間を要することも考えられます。
いずれにしろ今晩の講演待ちの環境の中、一時的な下振れを挟むのか意識した上値取りにコマを進めるのか、事態を見守るしかなさそうです。
本日のレンジは16450-16650としておきます。


■ ファミリーマート エイチワン オークファンおめでとうございます
2016年08月25日(木)14時43分更新

全て大きく利益が取れる展開となっていますね。
また、有料会員様にのみ提供させて戴いている銘柄は本日で倍高を達成。

ファミリーマートの空売りを推奨していたのは投資顧問は数あれど当社のみでしょう。空売りにも自信を持って先出しさせて戴いております。7730円前後で買い戻し完了。

有料会員様に提供させて戴いている他の空売り銘柄も利益50%を達成中です。
引き続き継続。


■ ホールドして戴いてるファミリーマートの空売り
2016年08月25日(木)11時27分更新

本日、さらに利益が乗ってきましたね。

このように自信を持って空売りをアドバイス出来る投資顧問は少ないです。

買いだけでもなく、売りでも利益を取る事により
暴落相場を恐る事無く過ごせるようになります。


■ 6●04
2016年08月25日(木)09時43分更新

とある任天堂関連銘柄。材料控えてるだけに期待。

■ 良い展開ですね。
2016年08月25日(木)09時42分更新

エイチワンとオークファン、どちらも素晴らしい展開。会員の方に喜んで貰えてます。

■ 5989エイチワン
2016年08月25日(木)08時43分更新

寄りからギャップアップ気配。引き続き注目していきます。

■ いよいよ正念場に
2016年08月25日(木)07時46分更新

前回にも指摘したように再び25日線どころをとらえてきたことで、下値固めが出来つつも上値取りのタイミングを探りだしたようです。どうしても目先の大きなイベントに市場関係者が集中していますので、完全にも見極めてからということでしょうが、もし何らかの失望売りが出たとしても今回は一時的なもので終息することが考えられます。要は米国の利上げ時期をいつにするかの問題ですので、市場は次の焦点に向かった取り組みをしていくものと思われます。その場合はまずは75日線が意識されますが、その下には40日線が控えています。この40日線は8/3の下げでもサポート役を果たしており、ここ最近は上昇トレンドが続いております。価格帯では16200-300円どころが下値メドと思われますが、さらに8/5-8に空いた窓もちょうどその価格帯ということもあって、下押す場面ではまずはターゲットになる水準かと思われます。
市場がこのまま素直に好感となった場合は16800円どころまで一気に買われるものと思われ、特にテクニカル面での調整がほぼ完了していることもあって、そのまま17000円大台まで駆け上がることも考えられます。
さらにドル円においても、20日線をとらえた流れで40日線までは素直に円安局面になる必要はあろうかと思われ、やはり為替を睨んだ方向づけが必要かと思われます。
本日のレンジも16500-16650としておきます。


■ 3674オークファン
2016年08月25日(木)01時07分更新

円高メリット銘柄。


越境テーマ本命として見ていきます。


貸借銘柄なのでマネーゲームが短期で行われるも向かう方向性は上ではないでしょうか。


■ ドリコム、エイチワン、ファミリーマート
2016年08月24日(水)15時05分更新

本日素晴らしい値動きでしたね。
ラ●スファンド介入か?
介入期待の
新規銘柄として391●Aim●●●。ア●●ア。

本日空売り推奨していたコンビニ銘柄の答えは当然、ファミリーマートです。
チャートを見れば一目瞭然ですね。

会員の方には高値付近で空売りを推奨させて頂きました。


■ 8783GFA
2016年08月24日(水)11時23分更新

1730円−32円安

いいおしですね、本日1600円台まで押し目

面白い話が入ってます

詳細は会員サイトで


■ 379●
2016年08月24日(水)10時58分更新

良い動きをしていますね。

■ これからの時代は空売りも。
2016年08月24日(水)09時06分更新

株が上がり続ける時代でないからこそ、空売りも出来ないと生き残っていけません。
ですが空売りを推奨出来る投資顧問はほぼありません。
ここでセンス、知識の差が当社と開きが出てきます。
今日の当社空売り推奨銘柄は某コンビニ銘柄。近日上昇が大きく絶好の機会でしょう。


■ 59●9エイ
2016年08月24日(水)08時57分更新

昨日のディーラー銘柄。気配良好です。

■ そろそろ動意付くか
2016年08月24日(水)07時49分更新

昨日の日経平均では久々に気の利いた上昇場面があったにも関わらず、材料難からやはり16600円を上回れば売り仕掛けの場面到来との認識が働いているようです。その直後に先物主導による断続的な売り仕掛けが1時間の間続き、200円もの値幅の値下がりを演じたことは、今の相場のジレンマを打ち消すような演出であったと言えそうです。よって引け水準では再び16500円を割り込んできましたが、チャート上26週線がサポートした流れは健在と見るとすれば、売り仕掛け場面では冷静にも仕込みのチャンス到来と判断したほうがよさそうです。
前日にも指摘した強弱感が対立するタイミングに差し掛かりつつあることで、一時的にも上下に振れやすくなってきております。騰落レシオが80%に近づきつつあることと、ストキャスティクスでは一時的な反転の位置を示しておりますので、目先25日線を明確にも捉えた流れで、かつ引けベースで16600円を維持してきた時がレンジを抜ける大きなポイントかと思われます。さらにドル円においても100円どころの下練りから、いつ反転してもおかしくないチャート形状となってきていることも注目であります。
イエレン議長の講演を待たずに見切り発車するかどうか、閑散相場の中注目度は高まってくるものと思われます。
本日のレンジは16500-16650としておきますが、引けベースで25日線を明確にも捉えることができるか注目したいところであります。


■ 本日の上昇株
2016年08月23日(火)16時32分更新

598●
●●●ワ●
本日も急上昇。
明日以降の動きに期待。


■ 材料難の中硬直相場続く
2016年08月23日(火)08時46分更新

週明けの日経平均は、方向感のない中25日線どころでのサポートは継続しているようです。それでも出来高面において今年2番目に少ない商いとなったことで、市場参加者の限定した中、日銀によるETF買いの思惑はくすぶり続けているといったところでしょうか。やはり今週26日のイエレン議長の講演内容を見極めるまでは16500円を挟んだ硬直相場が続きそうです。
チャート的には25日線に沿った流れとなっていますが、16600円を越えるあたりでは短期の確定売りが冷静にも行われておりますが、そろそろ5日線と25日線とがクロスするタイミングとなってきましたので、やや強弱感の対立する地合いになりつつあると思われます。
また肝心のドル円に注目ではありますが、一時的にも目先は円安局面に差し掛かっていると思われますが、やはりイエレン議長の講演待ちと言わざるをえません。
本日のレンジは16450-16600どころでしょうか。


■ 8783GFA
2016年08月22日(月)15時10分更新

1776円−36えんやす

いいおっしですね、詳細は、会員サイトで


■ 下値支持線となり得るか
2016年08月21日(日)23時01分更新

先週を振り返ってみるに、やはり調整の一週間となったようです。特に国内ではこれといった材料がない中、週後半は再三に渡って下値位置の再確認が行われた日々であったと言えそうです。特に16500円どころはかなり意識された水準であり、売り仕掛けで崩されかけても引けには回復してくるという、暗黙の了解なのかテコ入れなのかは別として、日経平均の一つの基準が16500円どころにあるということは確かなようです。チャート的には18日に25日線を割り込んだにもかかわらず、19日には辛うじて小戻しとなっております。また週足チャートでは26週線がサポートする流れは継続中で、今後もこのラインが生きているのであれば、16500円から16400円前後はかなり強力な下値支持線と判断していいかと思われます。しかしながら今の日経平均も、世界的な株高現象や原油高による新興国市場の経済の安定があるという側面は否定できないことから、やはり9月以降の金融市場の動向には要注意しておかねばならないことは頭の片隅に止めておかねばなりません。日銀ではその9月の政策決定会合において、大胆な金融緩和策を出す狙いがあると一部で報道があったようですが、最後の打ち出の小槌とならないことを願うばかりではあります。
またドル円においては100円どころでの攻防といったところとなっていますが、過去2014/1ー8月にかけては100円どころでもみ合った経緯がありますので、居心地のいい価格帯に入ってきたという見方もできるかと思われます。今のところは米国の利上げ遅延が功を奏した形となって、資源高や資源国の株高現象となっていますが、今後も世界的にもリスク選好と過剰流動性相場が維持できると、過度なリスク回避を抑制する働きがあると一部指摘する向きもあります。しかしながら日本市場においてはやはり円安の明確なトレンド転換が必要で、目先は25ー27にジャクソンホールでの各国中央銀行関係者のシンポジウムが開催され、その中でも26日のイエレン議長の講演に要注目が集まっています。明確な利上げ時期はいつなのか!それまでは日経平均の16500円とドル円の100円からの呪縛からは良い意味でも悪い意味でも解放されない日々が続きそうです。
今週のポイントは下値の硬直性が再確認できるかということであり、率直にも25日線及び26週線がサポートされうるのかを見ておきたいところであります。


■ 3853インフォテリア
2016年08月19日(金)14時23分更新

775円+37円高

いい動きですね、私度々もの推奨銘柄

詳細は会員サイトで


■ 3853インフォテリア
2016年08月19日(金)14時13分更新

775円+37円高

いい動きですね、面白い話が入っています

詳細は会員サイトで


since
2003/07/29
visitor